So-net無料ブログ作成
検索選択

「現実には無理だからこそ…」会員の思い踏みにじられる 仮想マルチ商法捜索(産経新聞)

 「仮想空間で日本全国を動き回りたかった。現実には無理だから…」。足が不自由な80代の女性は、ビズインターナショナルに踏みにじられた夢をこう語り、肩を落とした。「あなたの人生をより豊かにするための“もうひとつの日本”」。ビズ社は全国各地で開いた説明会で仮想空間「エクシングワールド」をこのように宣伝し、約100億円の資金を集めたとされる。だが、実際に公開された仮想空間は、その説明とはかけ離れていた。

 会員向け資料などによると、エクシングワールドは「日本全国を丸ごとCG映像で再現」し、利用者はその中で「アバター」と呼ばれる分身を操って経済活動を行えるとうたっていた。特にビズ社は「先行会員になれば優先的に土地が購入でき、値上がり後に大きな利益が得られる」として、仮想空間内での不動産ビジネスの魅力を強調した。

 広島市の会社経営の女性(61)は、勧誘で見せられたPR映像にひかれ、約40万円でビジネスキットを購入。さらに仮想空間内で東京代々木の土地を約22万円で先行購入した。「仮想空間で店を開けば、消費者に魅力的に映ると思った」という。

 入会後に参加したセミナーではオペラ歌手が歌い、高級シャンパンも。10億円するという最新のサーバーも目にした。すっかり信用した女性は、知人を勧誘して回った。

 しかし、昨年10月に公開された仮想空間で再現されたのは、新宿や銀座など一部の都市のみ。建物には入れず、人影もまばら。兵庫県の男性会社員(41)は「死んだ街のようで、ひどいものだった」と憤る。

 ゲームジャーナリストで立命館大学の新清士講師は「一時ブームになった『セカンドライフ』など同種の仮想空間がある限り、空間内の土地の価値が爆発的に値上がりすることは考えられない。そもそも日本を丸ごと再現するのは、現状の技術では難しい」と指摘している。

【関連記事】
「仮想空間」マルチ商法、きょう強制捜査 埼玉県警
仮想空間の土地投資話…マルチ会社を提訴 被害100億円
「日本列島丸ごと再現」虚構に満ちた仮想空間ビジネスにメス
オンラインゲーム、最大256人で対戦可能 ネトゲ廃人対策も
「高差」「うちこ」隠語は健在…警視庁ネットハンターが狙う闇サイトの“急所” 

「辺野古」は現行案でない、環境に配慮…首相(読売新聞)
<情報公開>「入学者数公開」大学に義務付け…中教審了承(毎日新聞)
女性車掌につば吐く 容疑の男逮捕(産経新聞)
伸び悩むW杯観戦ツアー=治安悪さや日本代表不振で―サッカー(時事通信)
<事業仕分け>競輪2事業「廃止」…後半3日目(毎日新聞)

<布川事件>ワイシャツとタオルのDNA鑑定要求へ…検察(毎日新聞)

 茨城県利根町布川(ふかわ)で67年に大工の男性(当時62歳)が殺害された布川事件で、再審に臨む桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(63)の弁護団と検察側の協議が7日、東京都内であった。検察側は新たに、被害者の足首を縛っていたワイシャツタオルのDNA鑑定を求める意向を表明した。

 再審公判に向けた証拠申し立ての期限を21日に控え、事前準備のため協議した。弁護側によると検察側はワイシャツを重視し「犯人がワイシャツを結んだ際に手あかや皮膚片が残っている可能性がある」と主張したという。

 検察側は遺留品のパンツ2枚のDNA鑑定を求めることを表明している。弁護側は「取り調べ過程で2人のDNAが付いた可能性がある」などとして、遺留品のDNA鑑定に反対している。【原田啓之】

【関連ニュース
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
足利事件:再審を決定 DNA再鑑定、無罪の証拠−−東京高裁(09年6月23日)
「時効」よ止まれ:「遺族には昨日のこと」 DNA鑑定進歩で制度に変化
忘れない:世田谷一家殺害 DNA鑑定、狭まる犯人像

名護市長に首相「抑止力の観点から協力を」(読売新聞)
「いったい何をしに来た」説明不足に沖縄怒り(読売新聞)
ネット取引急増、個人投資家450億申告漏れ(読売新聞)
日比経済連携協定 マニラで比人看護師ら118人の壮行会(毎日新聞)
居酒屋強盗、系列店店長刺し40万円奪う 大阪・西淀川(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。